読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

艸砦庵だより

河村正之のページ 絵画・美術、本、山、旅、etc・・・

モロッコ・チュニジア-3 なぜモロッコなのか

 2000年夏に、二度目の、そして25年ぶりの海外旅行として、モロッコとスペインへの計画をたてていた。ちょうどそのころ、友人のM氏が某美大の専任教員となった。油絵科である。彼はアメリカとインドには行ったことがあるが、ヨーロッパには行ったことがないと言う。油絵=西洋画であるからそれを教える上でぜひとも一度行くべきだといった話をしている内に、いつの間にか私の計画はほぼ乗っ取られたのであった。

 結果、奥方と先行した彼とオランダで合流し、以後ドイツ、オーストリア、イタリア(この三カ国は既に25年前に訪問済み)、スペインと33日間の旅を共にした。これはこれで25年振りの再訪-体験の検証という面も含めて、充実した旅であったが、モロッコには行けなかったのである。その後、何度か計画してはそのつど他の国に代わった。まあそれはそれで良いのである。

 これまで18回海外に行っているが、アフリカとオセアニアにはまだ行っていない。年齢のこともある。アフリカにはぜひ一度、なるべく早く行っておきたいと思っていた。クレーの制作の上で大きな転換点となったチュニジアにもぜひ訪れてみたい。

 幸い(?)、失業中の息子が同行してくれることになり、ようやくモロッコ行きが実現することになった。            (2015.3.25)